京野菜で生き生き農業

Sponsord Link


2010年02月20日

ねぎの出荷調整・袋詰めの様子

F1000052.JPG
収穫したねぎです。


F1000053.JPG

4・5本がまとまっているので、まずそれらの根を離します。



F1000054.JPG
まず手にとって



F1000055.JPG
皮の浮いている部分を持って、皮をむきます。



F1000056.JPG
こんな感じです。


F1000057.JPG
4・5本の1まとまりの皮をむき終わりました。



F1000058.JPG
それらを皮をむいた山に積んでいきます。



F1000059.JPG
次にねぎをくくる作業です。150グラムずつにくくっていきます。



F1000060.JPG
はかりに載せて重さを量ります。慣れてくると1回で150グラムになってきます。


F1000061.JPG
くくります。この時、出来るだけ根の近くの方でくくった方が、袋詰めの時に楽に出来ます。



F1000062.JPG
くくったものを、山にしていきます。



F1000063.JPG
最後は袋詰めの作業です。これらを今から袋詰めします。



F1000064.JPG
まず、箱を用意します。このように箱をななめにすると袋に入れたねぎを置いていきやすくなります。



F1000065.JPG
袋を、持てるだけ持ちます。あんまり多いとばらばらになってしまいますので欲張らないように。



F1000066.JPG
この様に根から入れていき、根が入ったら一気に袋に入れます。



F1000067.JPG
箱に入れます。



F1000068.JPG
入れていくとこの様になります。写真のように文字を揃えて入れておくときれいですね。

右斜め下ランキング参加中です。ポチお願いしますあせあせ(飛び散る汗)

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by mizuna at 19:38 | Comment(0) | 写真集

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]